2022年にIPOショックが来るかもしれない

IPOとスタートアップ企業の動向は?

東洋経済新報社の記者・編集者が、SBI証券のチーフストラテジストの北野一氏とともにマーケットを展望する月1回の動画連載「Monthly TREND REPORT」。第2回後編では小社会社四季報センターの前田佳子記者が2020年のIPOとスタートアップ企業の動向について解説します(詳しくは動画をご覧下さい)。
前編「それでも日経平均2万8500円を予想する理由

日本のIPO市場は「独特」

前田:2019年のIPO(新規株式公開)は86社と活況でした。ただ社数ベースでは2018年より4社減った程度ですが、時価総額で1000億円以上を超える企業はSansanの1社のみでした。2018年にはメルカリや通信のソフトバンクといった大型企業の上場がありましたので、全般的に小粒化しましたといえそうです。

上の画像をクリックするとSBI証券「Monthly TREND REPORT」のページにジャンプします

また、高い初値がつきにくくなったのも、2019年の特徴です。初値が公開価格の2倍以上になった銘柄は23社でしたが、2018年には40社ありました。それでも2019年11月、12月にIPOを果たした企業については公開価格割れの企業が減るなど状況は改善しました。アメリカや中国などのIPOの環境は必ずしもよくありませんが、日本に関してはこの2019年並みの高水準を維持できると見ています。

北野:なぜ日本はアメリカや中国と比べて好調が持続すると見ているのですか?

前田:日本の場合はスモールIPOが多く、時価総額にすると100億円未満の企業がほとんどで「独自の経済圏」を築いていることが理由の1つにあげられるかもしれません。また未上場市場に流れるスタートアップへの資金も潤沢です。さらに資金調達もさることながら、知名度や社員採用を重視していることなども、IPO市場の好調を下支えしているかもしれません。 

次ページ一見好況の「裏」で、思わぬショックも?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT