2022年にIPOショックが来るかもしれない

IPOとスタートアップ企業の動向は?

北野:資金の出し手の変化はありますか?

前田:大きく変わってきています。ベンチャーキャピタルが抱えるファンド規模は大きくなっていますが、それは一般の事業会社がかなりお金を入れていることが大きいと言えます。これには大企業が、直接出資も含め、どんなスタートアップがどんな技術を開発しているか、といった情報収集を目的にしている側面も小さくないようです。

2022年に「IPOショック」が来る?

前田:一方で、市場は2012年頃から活発になってきたわけですが、ファンドの満期は10年とも言われており、2022~2023年ごろにはIPOができずに困る企業もかなり増加すると思われます。マーケットでは日本のIPOは年間100社程度と言われてきましたが「年間200社くらいIPOがないと、とても資金回収できない」と嘆く大手証券会社もあるくらいです。

もしIPOができない場合は、代わりにM&Aが増えることになりそうですが、いずれにしても2022~2023年にはこうした話が顕在化しそうなため、私は「2022年ごろにIPOショックが起きるかもしれない」と言っています。

北野:IPOの環境は基本的には良好な状況が続きそうですね。ただ、2017~2019年の過去3年間は「先行きの景気が不透明なら、景気に関係ない成長企業にお金を投資しよう」という流れでした。

しかし、当時よりは景気底割れ懸念が薄れ、今は「割安株などのほかの選択肢もあるのでは」という流れになっています。IPOに魅力がなくなったのでは決してありませんが、そうした流れは押さえておくべきでしょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT