日本人の心をつかんだ「台湾・卓武珈琲」の秘密

標高1200mで栽培、こだわりの精製が大人気

この農園は、もともとはお茶の農園だった。当時、37年も茶葉栽培に従事してきた許峻栄氏は悩んでいた。お茶は収穫や手入れの際にケガをすることが多く、加えて害虫の被害に遭うと収穫も思うようにいかない。そこで専門家に尋ねたところ、「コーヒー豆こそ地球上で石油に次ぐ産業」と聞き、茶農園からコーヒー農園への切り替えを決心した。

コーヒー農園として再スタートした卓武珈琲の農園に行くと、台湾のコーヒー史の生き証人を見ることができる。それは樹齢75年、4株のティピカ種というコーヒーの木だ。今も実をたわわに実らせている。

許峻栄氏によると、この4株は12年ほど前に南部・高雄市の那瑪夏(ナマシャ)区から移し替えられたものだという。この木は台湾で本格的なコーヒー豆の栽培が始まった、戦前の日本統治時代に植えられた木の2代目に当たるという。

現在、台湾コーヒーの消費市場は成熟期を迎え、栽培技術に注目が集まっている。海抜1200メートル以上に位置する卓武珈琲では、アラビカ系統でティピカ種の変異種である「パーピュラセンス」と「卓武1号」と名付けられた大粒品種を栽培している。年間生産量は5ヘクタールの作付面積で7トンになることもあるそうだ。

こだわりの栽培方法が木を守った

高山地帯におけるコーヒーの収穫時期は、12~3月ごろである。取材に訪れた12月は、ちょうど3回目の収穫のタイミングだった。赤く色づいた実がある一方で、まだ緑色をした実も見え隠れしている。

コーヒーの実は一斉に熟すわけではなく、収穫のためには農園へ何度も通い、人の目と手で一粒一粒、熟しているかどうかを確認する必要があるのだ。1杯のコーヒーのために、収穫だけでも多大な人件費がかかっていることがわかる。

農場の2代目である許定燁(きょ・ていよう)氏は、コーヒーの実を味見させてくれた。彼は「コーヒーの品種によって実の甘さが異なるのです」という。卓武農園で収穫された実のうち、商品になるのは粒の大きなトップグレードのみ。グレードの低い小さな実は、商品として世に出ることはない。

栽培方法も独特だ。一般的にコーヒーの木は8センチほどの深さで植えられるのに対し、許峻栄氏は40センチほどの深い穴を掘ってコーヒーを植えるという。その深さは、実に5倍。峻栄氏は「生命とは自身で生き残る道を探し出すもの」という哲学を持つ。

事実、彼が植えたコーヒーは深く、広い土のなかで根をどんどん張りめぐらせ、簡単には倒れない立派な木へと成長するのだ。その結果、2009年に台湾中南部に甚大な被害をもたらした「八八水害」でも、卓武珈琲の3200株のコーヒーの木はビクともしなかったという。

次ページ息子が参加し、スマート農業を導入
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT