日本人の心をつかんだ「台湾・卓武珈琲」の秘密

標高1200mで栽培、こだわりの精製が大人気

確かに阿里山はコーヒー栽培に適した環境ではある。それでも許峻栄氏は、さらに品質を上げるために有機肥料を自身で調合するなど20年近くも多くの実験を続けてきた。そして息子の許定燁氏が事業に加わると同時に、スマート農業も導入しようとしている。

卓武珈琲は他企業との連携も行っている。さらなる品質と生産の向上のためだ。4年前、農業・バイオ事業を手掛ける『正瀚生技(CH Biotech)』がコーヒー産業に着目し、コーヒー栽培の研究と研究施設へ20億台湾ドル(約72億円)を投じた。卓武珈琲はそのCH Biotechと提携した農場の第1号となった。その後、農場で土壌分析などの実験を経た結果、コーヒーの実の平均生産量は14%以上も向上したという。

品種改良へ、あくなき探求

どこまでも理想の品質を追い求める許峻栄氏について、妻の余秀錱(よ・しゅうちん)氏は老眼鏡をかけて豆の選別をしながら、「こだわりすぎですよね」と苦笑する。

いい豆を作ることは確かにたいへんだ。でも彼女はこう付け加えた。「お茶をつくっていた時代と比べて、今は自分にとっても、従業員の身体にとってもよい環境になりました」。お茶の栽培をしていた頃は1年に12回も農薬を撒いていたが、コーヒー豆の栽培に切り替えてからは、多くても年に2回程度しか散布しなくなったという。

アラビカ系の変異種と大粒品種を栽培している(写真:陳弘岱)

門外漢からコーヒー王にまで登りつめた許峻栄氏だが、彼はそれに満足することなく、今も新しい苗を研究している。接ぎ木による品種改良を試みており、息子の許定燁氏によると、コーヒーの木は接ぎ木をしてもDNAは変わらないまま、風味がさらに高まるという。許峻栄氏は親株を守るだけでなく、さらに新しい品種を生み出そうとしている。

卓武珈琲では、豆の精製方法も独自の方法をとっている。彼らが編み出した発酵方法を用いたコーヒー豆は、ジャスミン茶や柑橘系の香り、そして高山の樹木のような独特な香りを放っている。さらに、かすかにチョコレートやキャラメルの香りを漂わせる。

精製方法は豆に「日光浴」をさせ、その後、卓武山を流れる低温の川に浸して作り出す。こうして大自然の洗礼を受けたコーヒー豆からいれるコーヒーは、柔らかな味の中に、甘く芳醇な香りを漂わせる。「天の時、地の利、人の和」の3要素がそろって100グラム1000台湾ドル(約3600円)の豆が生み出される。(台湾「今周刊」2020年1月6日号)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT