経済学は温暖化を解決できるか 山本隆三著

経済学は温暖化を解決できるか 山本隆三著

温暖化問題には不確実なことが多い。「温暖化懐疑論」もある。経済学的考えからすれば、そもそも不確実であるから温暖化防止策を行う必要はない、といった結論になることはないと、著者は説く。

温暖化の経済的な側面の費用便益分析で著名なスターンレビューによれば、温暖化が発生する確率が相当に低くても、対策を講じるほうが有利であるとの結論になるという。温暖化の被害は一度発生すれば長期にわたり、被害額は対策費を大きく上回ると予想されるからだ。

その「保険料」として有効なのは何か。排出規制の経済学的分析に加えて、特に主な経済的手法と呼ばれる環境税、排出権取引制度について解説・評価する。

平凡社新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。