なぜ大企業の介護保険料が4月から上がるのか

加入者割から総報酬割へ移行する意味

この記事には、次のような文章があるのですが、これって、悪いことなのでしょうか?

主に大企業で働く人の保険料が上がるのは、増え続ける介護費をまかなうために所得の多い人の保険料を増やしているためだ。厚生労働省が所得水準に比例して保険料が決まる「総報酬割」を17年度から4年かけて導入し、20年度は所得の多い人が多くいる健保組合を対象にした緩和措置がなくなる。このため20年度は所得が多い人ほど保険料の上がり方が大きい。

記事のサブタイトルにあるように、「給付の抑制急務に」につなげたいようですけど、給付の抑制、つまりは介護保険の機能を弱体化させるということは、介護を必要とする当人やその家族に負担をシフトすることになると思うのですけどね。

あなたは第何象限から発言されていますか?

次の図に描いているように、一国の福祉ニーズというのは丸い風船のようなもので、どこかを押せばほかのどこかが膨らむものです。公的な介護保険という、政府が担う部分を減らそうとしても、日本では家族が担う部分が膨らむことになったりするわけで、どの国も一国の福祉ニーズそのものを減らすことはほとんどできません。

これから総報酬割が全面的に適用される4月まで、しばらくは、「大企業による介護保険料の負担が増えるのだから給付抑制が急務である」という記事がいろんなところから出てくるのだろうと思います。そうした記事を見たときは、なにゆえに、「加入者割」から「総報酬割」に20年もかけて移行が目指されたのかを、少し立ち止まって考えてみるのもいいと思う。

そして今回も、「子どものころ教わらなかった大人の世界の民主主義」での文章で終えましょうか。

心の中で問うことにしたらどうだろうか――「あなたは第何象限から発言されていますか?」と。

もちろん、この問いを、僕に向けられてもオッケー。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT