串カツ田中「中止も検討」、プレ金に大きな岐路

開始から3年、狙いの「消費喚起」に停滞感

串カツ田中はプレミアムフライデーにちなんだキャンペーンの中止を検討している(撮影:今井康一)

月末の金曜日に早く退社し、買い物や外食を楽しんでもらうことを狙いに2017年2月から始まった「プレミアムフライデー」。ちょうど3年が経とうとする今、その試みが岐路に立っている。

「続けることに意味があると思い、ここまでやってきたが、効率が悪い」

プレミアムフライデー成功の代表例とされる居酒屋チェーン「串カツ田中」の織田辰矢営業本部長はいま、プレミアムフライデーにちなんだキャンペーンの中止を検討している。

プレミアムフライデー効果で売り上げ3割増

同社は2017年1月の最終金曜日、136店ある国内全店(当時)で「フライングフライデー」を実施した。通常は午後5時の開店時刻を午後3時に早め、ほとんどが100円を超える串カツ全品を100円(税抜き)に設定した。

「プレミアムフライデーの取り組みを行う企業が多い中で、揚げ物のフライにかけて、『フライング』で実施すれば目につくのでは、と始めた」(織田氏)というもくろみで、限定商品も発売した。

効果は抜群だった。テレビなどの取材が数多く舞い込み、通常の金曜日と比べて売上高が3割増加。2017年2月の開始から1年間、プレミアムフライデー時の売り上げは前年と比べ2割増が続いた。金曜日以外の客足も増える波及効果もあったという。

2020年2月までほぼ全店での午後3時開店やほぼ全品100円での提供を続けてきたが、串カツ田中はなぜ今になって中止を検討しているのか。

次ページ割引の日のみに来客する傾向
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT