トヨタ「新型ヤリス」買うならどのグレードか

3パワートレイン×3グレードで何を選ぶか

これまでヴィッツのハイブリッドには4WDがなかったが、ヤリスではついにハイブリッドにも4WDが設定された。ライバルの日産「ノートe-POWER」や先代フィット ハイブリッドには設定されていただけに、降雪地帯のユーザーにとっては待望のラインナップである。

メカニズム的には現行プリウスなどに採用されている「E-Four」と同様で、1.5Lガソリンモデルに設定される「アクティブトルクコントロール4WD」に比べると駆動力で劣るシーンもあるようだが、2WDと比べれば雲泥の差なのは言うまでもない。なお、1.0Lモデルは前輪駆動モデルのみとなる。

最もベーシックな仕様となる「X“Bパッケージ”」(写真:トヨタ自動車)

グレード展開は、上から「Z」「G」「X」の3グレードで、ハイブリッドも1.5Lガソリンも同様となる。1.0Lガソリンモデルは、上級グレードの「Z」が存在せず「G」「X」「X“Bパッケージ”」の3グレードだ。なお、「X“Bパッケージ”」は装備を簡略化した廉価グレードで、先進安全装備「Toyota Safety Sense」が、オプションでも装着できない。

またそのほかの1.0Lモデルは、先進安全装備こそ標準装備されるものの、レーダークルーズコントロールは装備されない。また、それに付随して車線の中央を走るようにステアリング操作をサポートする「レーントレーシングアシスト(LTA)」も備わらず、車線逸脱警告/抑制機能の「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」にグレードダウンしてしまうので注意が必要だ。

メーカーオプションはどれを選ぶか

例によって、ヤリスにも豊富なメーカーオプションが用意される。

中でも重要度の高そうなのが、予防安全をより高いレベルにする「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ+インテリジェントクリアランスソナー」が10万0100円。

駐車の苦手なユーザー向きの半自動駐車システム「トヨタチームメイト(アドバンストパーク)」が7万7000~9万3500円(ハイブリッドモデルのみ)、「フルLEDヘッドランプ」がG系グレードに8万2500円(Z系は標準装備)、いざという時に役立つ「AC100V 1500Wアクセサリーコンセント」が、ハイブリッドモデルに4万4000円で設定される。

またG系グレードには、シート周りが上級のZ系と同等の仕様にアップデートされる「コンフォートシートセット(5万1700円)も設定される。

新設定の「ターンチルトシート」(写真:トヨタ自動車)

注目される新装備の1つ、シートが回転しながらチルトし乗降を助ける「ターンチルトシート」は運転席側が8万8000円、助手席側が9万200円(Z系を除く)。ただし、運転席側をターンチルトシートにすると、座面の高さを調節する上下アジャスターが非装着となるので気をつけたい。

次ページ社外ナビは装着できないので注意
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT