日経平均は下げ渋り、売買代金は連日3兆円超

新型コロナ関連でキヤノンなどが買われる

 2月26日、東京株式市場で日経平均株価は、続落。写真は2018年10月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 26日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均株価は、続落。引き続き新型コロナウイルスの感染拡大と、その経済に及ぼす影響が懸念され、前日の立ち会い中の安値を下回った。ただ、米国株先物が買い戻されたほか、上海株式市場が落ち着いた動きになったことから、後半は下げ渋った。東証1部売買代金は前日に続き3兆円を超えた。

25日の米国株市場は4日続落。欧州各国で新型ウイルスの感染者が確認され、米疾病対策センター(CDC)も米国内に警戒を促すなど、世界的な大流行への不安が高まったことを映し、ダウ工業株30種とS&P総合500種は3%安の大幅下落となった。

米株式投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>は27.85で終了。一時は2018年12月以降で初めて30を超えた。

これを受けて、東京株式市場も幅広く売られて始まったものの、後半は時間外取引で米株先物が買い戻されるにつれ、日本株も後半は戻り歩調。テクニカル面で日経平均が、昨年8月6日の安値2万0110円76銭から1月17日高値2万4115円95銭まで上昇した幅の半値押しの水準(2万2113円35銭)を、割り込まなかったことも注目された。

日銀によるETF(上場投資信託)買いも下支え要因になったとの見方も出ていたほか、実需の押し目買いが入ったとの観測もある。市場では「いつ新型コロナウイルスを材料にした調整が終わるか定かではないものの、長期的に上昇が続くと想定すれば買い場になるとの見方もあるようだ」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声も聞かれた。

TOPIXも続落した。東証1部の売買代金は3兆0096億9100万円。東証33業種では、前日に続いて全業種が値下がりした。

個別では、トヨタ自動車<7203.T>、ソニー<6758.T>など主力の輸出関連株に安くなる銘柄が目立つ中で、キヤノン<7751.T>が逆行高。自社株買いの発表や子会社のキヤノンメディカルシステムズが迅速な新型コロナウイルス遺伝子検査システムの開発を開始したと発表したことを手掛かりにした。

東証1部の騰落数は、値上がり620銘柄に対し、値下がりが1464銘柄、変わらずが76銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22426.19 -179.22

寄り付き    22374.14

安値/高値   22127.42─22456.55

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1606.17-12.09

寄り付き     1602.49

安値/高値    1587.35─1608.86

 

東証出来高(万株) 167717

東証売買代金(億円) 30096.91

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT