「新型フィット」の姿形が大胆に変化した必然

道具としての美しさや心地よさを重視した

リアまわりもウインドーとパネルの間のクロームメッキの帯が消え、コンビランプはオーソドックスな横長になるなど、簡潔な構成で美しさを目指そうという気持ちが伝わってくる。パネルとガラスやランプの段差も少ない。

しかもハイブリッド車のテールランプは、フロントのデイタイムランニングランプ同様U字型に点灯する。ディテールを前後でそろえて一体感を出そうとした姿勢も理解できる。

「クロスター」というフォーマット

グレード構成は一般的な上下関係ではなく、ベーシック、ホーム、ネス、クロスター、リュクスというキャラクターで分けた。このうちクロスターは流行のクロスオーバースタイルを導入したものだが、車高をやや上げ、フェンダーにアーチを追加しただけでなく、これだけフロントグリルを設けている。

このクロスターというグレードも、フリードのマイナーチェンジで設定しており、あちらは車高やフェンダーやそのままだったものの、やはり大きめのグリルを設けることで差別化を図っている。今後ほかの車種にもクロスターが追加される際のフォーマットになりそうだ。

キャビンはまず視界が気持ちいい。インパネ上面は出っ張りがなく、ドアの前の三角窓を挟むように2本あるピラーは、手前が太く、奥が細くなっている。おかげで前方視界があまり遮られない。新型フィットのようにドアの前に三角窓を持つクルマはいくつかあるが、ここまで太さに差をつけて視界に配慮した例は珍しい。

次ページ心地よい視界とノイズレスインテリア
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT