キヤノンがプリンタで大型買収、自前路線から転換 

キヤノンがプリンタで大型買収、自前路線から転換 

自前路線を走ってきたキヤノンが勝負を仕掛けた。16日、同社は欧州最大のプリンタメーカー、オセ社(オランダ)を買収すると発表。TOB(株式公開買い付け)による買収総額は約1000億円となり、キヤノンのM&Aとしては過去最大となる。

買収の背景にはオフィス用事務機の需要飽和がある。今や先進国を中心に、オフィスには複合機(プリンタやファクスなどの機能を備えた多機能型複写機)が行き渡っており、目下の不況で買い替え需要も鈍い。

そうした中、事務機各社が新たな成長領域と位置づけるのが、「デジタル商業印刷機」と呼ばれる業務用の印刷機だ。オセも欧米でこの印刷機を展開する。出力速度や色の再現性に優れ、カタログやダイレクトメール(DM)といった業務用の印刷に向く。顧客情報に合わせ、1枚ずつ違う内容の印刷物も作成できるため、北米などで需要が拡大。調査会社ガートナージャパンによれば、今後4年間で世界市場は約1000億円程度膨らむ見通しだ。

この分野で、断トツの世界シェアを握るのは古参のゼロックス。それを追って2004年にコニカミノルタホールディングス、07年にキヤノン、昨年にはリコーと大手各社が乗り入れた。

だが、キヤノンが主に展開するのは出力速度が速くても毎分135枚程度の中低出力機。一方のオセは毎分数百枚を印刷できる高速機を得意とする。「高速の製品を持っているのは世界でもオセとゼロックス、米ヒューレット・パッカード、米コダックくらい。キヤノンにとっては効果的な買収」(ガートナージャパンの三谷智子主席アナリスト)。

こだわりより「実」

これまで複写機やインクジェットプリンタなど、自社開発の独自技術にこだわりを見せてきたキヤノン。今回の買収は、そのこだわりよりも「実」を取りにいったと言えるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT