キヤノンがプリンタで大型買収、自前路線から転換 


 昨年には事務機事業で米国でのパートナーであった販売代理店のアイコン社をリコーに買収されたため、「北米でシェアはかなり落ち込んでいる。業界では、手を打たなければさらに縮小していくと言われていた」(三谷氏)。9月末で約6300億円と潤沢な手元資金を抱えており、その使途も課題とされていた。キヤノンにとって過去最大のM&Aだが、たやすい額といえる。

会見では今後の大型買収について質問も出たが、「皆さん期待しているだろうが、これ以外の大型投資の計画は今はない」(内田恒二社長)とした。

独自技術から路線転換するキヤノン。勢力図を塗り替えることはできるか。

■業績予想、会社概要はこちら

(前野裕香、桑原幸作 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング