キヤノンがプリンタで大型買収、自前路線から転換 


 昨年には事務機事業で米国でのパートナーであった販売代理店のアイコン社をリコーに買収されたため、「北米でシェアはかなり落ち込んでいる。業界では、手を打たなければさらに縮小していくと言われていた」(三谷氏)。9月末で約6300億円と潤沢な手元資金を抱えており、その使途も課題とされていた。キヤノンにとって過去最大のM&Aだが、たやすい額といえる。

会見では今後の大型買収について質問も出たが、「皆さん期待しているだろうが、これ以外の大型投資の計画は今はない」(内田恒二社長)とした。

独自技術から路線転換するキヤノン。勢力図を塗り替えることはできるか。

■業績予想、会社概要はこちら

(前野裕香、桑原幸作 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT