BBCの「受信料廃止」はどこまで現実的なのか

問われ始めた有料「公共放送」の存在価値

若者層がBBCのテレビ番組を視聴した時間が激減する一方で、Netflixなどのオンデマンド動画の視聴時間は急激に増えている。BBCが将来も存続したいなら、この層を取り込む、つまりは有料動画サービスとの競争が必要になる。しかし、潤沢な資金を使って番組作りをするNetflixやアマゾンにBBCは勝てるだろうか? 残念ながら、「勝てる」という人は少ないだろう。

BBCの番組見逃し視聴サービス「iPlayer」のスタート画面(BBCのサイトより)

「お金を払って動画を見る」ことに慣れている視聴者が増えると、BBCが課金制になってもそれほど違和感を持たなくなるかもしれない。

ただ、実はBBCはすでに「お金を払って見る」制度になっている。それが受信料制度であるのだが、個人単位ではなく世帯単位であること、払わなくても視聴できるようになっていることなどから、誰かがお金を払っていることを忘れがちになる。

公共サービスとしての放送は必要なのか

将来、存続が危ぶまれるのは、BBCという一組織というよりも、BBCが体現してきた公共のためのサービスとしての放送・番組配信かもしれない。

つまり、社会の中のすべての人(BBCの番組を見ないかもしれない人も含む)のために、自分(あるいは家族の誰か)が身銭を切り、すべての人が恩恵を受けるような放送・配信コンテンツを行き渡らせることに賛同するのか、しないのかが問われるのではないか。

筆者の知人がBBCの記事をフェイスブックに投稿したら、友達の1人がこう書きこんでいた。

「僕は受信料がなくなってもかまわない。BBCの『上から目線』の視線が嫌いだし、BBCの番組が1つも見れなくなっても、まったく不都合なところがない。逆にせいせいする」

同じく公共放送のNHKを持つ日本人は、どちらを選ぶだろう? 「公共放送を支持」か、「なくなってもかまわない」か。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。