1億円超の「ハイパーカー」が増えている理由

トヨタも参入する超高性能車のニーズとは

「スーパーカー」と聞けば、多くの人はどんなクルマかイメージできるだろう。ハイパーカーを一言でいえば、“スーパーカーを凌駕した存在”である。

ハイパーカーはあくまで概念なので「これを満たせば認められる」という数値上の基準はないが、最高出力がおおむね1000馬力程度もしくはそれ以上あり、最高速度は350km/h以上。

さらに“億超え”の価格であるのが一般的だ。もちろん、どれかが欠けていれば認められない、というものではない。生産台数が10台未満というモデルもある。

また、スタイリングはレーシングカーをイメージさせるのが通例だ。これは後述するモータースポーツとの関連もあってのことである。

では、具体的にどんなモデルがあるのだろうか。

筆頭は「ブガッティ」や「マクラーレン」

世の中でもっとも知られているハイパーカーは「スーパースポーツカー」と表現されることも多いブガッティ「ヴェイロン」だろう。

2005年に登場したブガッティ「ヴェイロン」(写真:ブガッティ)

2005年に市販モデルがデビュー(余談だがコンセプトモデルや市販仕様のお披露目は東京モーターショーだった)し、最高出力はガソリンエンジンだけで1001ps(ベーシック仕様)を誇り、最高速は407km/h。

価格は当初、1億6300万円だったが、上位タイプは2億円を超えるなど、それまでのクルマの概念を覆すものだった。400km/hという速度領域では、100Lの燃料タンクが12分で空になるという。

ヴェイロンは2015年に生産を終了したが、ブガッティはその後継となる「シロン」も登場させている。こちらは1500psで最高速度は420km/h(リミッター作動)、邦貨換算で3億円オーバーと、あらゆる点でヴェイロンを超えていた。

マクラーレンの最上位「アルティメットシリーズ」に属する「セナ」(写真:マクラーレン)

また、イギリスのスーパーカーメーカーであるマクラーレンの「セナ」もハイパーカーに数えられる。

「マクラーレンのラインナップでもっともサーキット走行を重視したモデル」として2018年にデビューし、エンジンにモーターを加えたトータル出力は最大916ps。世界で500台だけが作られ、価格は67万5000ポント(日本発表当時のレートで約1億2500万円)だった。

次ページメルセデスAMGはF1のテクノロジーを投入
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。