1億円超の「ハイパーカー」が増えている理由

トヨタも参入する超高性能車のニーズとは

多くのハイパーカーは、超高性能車を専門とするメーカーが手掛けることが多いが、量産車メーカーが手掛ける場合もある。

その代表格がドイツのメルセデス・ベンツが開発している「メルセデスAMG プロジェクトONE」だ。

「メルセデスAMG Project ONE」は、東京モーターショー2017でアジア初公開された(写真:ダイムラー)

モータースポーツの最高峰である「F1」のテクノロジーを最大限に活用して公道走行も可能にしたクルマである。

エンジンもF1と同じ形式で、排気量1.5Lの4気筒ターボながら超高回転型としてパワーを稼ぎ、電気モーターと組み合わせてトータルで1000psを発生。最高速度は350km/hと同社は説明する。

開発の遅れにより市販は当初の計画より遅れているようだが、3億円を超えるといわれる価格にもかかわらず、生産予定台数の275台はすでにオーナーが決まっているという。

主要パーツは「TS050 HYBRID」と同じ

イタリアのスーパーカーメーカーであるパガーニの「ウアイラ」やイギリスのアストンマーティンの「ヴァルキリー」、さらには日本のアスパークが開発している「OWL」など、世界中に多くのハイパーカーが存在し、その数は着実に増えている。そこへ、トヨタも“参戦”しようというのだ。

トヨタが開発しているの「GRスーパースポーツ」に関して、公開されている情報は多くない。

「GRスーパースポーツ」のメカニズムはレーシングカーの「TS050 HYBRID」とほぼ同じ(写真:トヨタ自動車)

しかし、2018年1月のコンセプトモデルのお披露目時には、2400ccのV型6気筒ツインターボに電気モーターを組み合わせ、トータルで1000psであることが明らかにされ、同時に「レーシングマシン『TS050 HYBRID』とほぼ同じ主要パーツで構成される」とアナウンスされた。

コンセプトモデルにナンバープレートを装着する場所が確保されていたのも、公道走行を可能にするという強い意気込みと言っていいだろう。

では、なぜトヨタはそんな未知の領域に踏み出そうとしているだろうか。

次ページ次の100年も自動車産業を面白く
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT