1億円超の「ハイパーカー」が増えている理由

トヨタも参入する超高性能車のニーズとは

トヨタがハイパーカーに進出する理由のひとつは、世界最高峰のレースのレギュレーションの見直しだ。日本でも有名な「ル・マン24時間耐久レース」でトヨタは2018年と2019年に総合優勝し、今年は3連覇を目指している。

そのレースでのトップ争いが、今後はハイパーカーをベースにレース仕様へ仕立てたモデルへと移行する予定となっているのだ。トヨタのハイパーカーは、そこへ参戦しようというのである。

しかし、それ以上に大きな理由はトヨタにはある。「次の100年も自動車産業を面白いものとする」という壮大なテーマだ。

東京オートサロン2020のプレスカンファレンスに登壇した友山茂樹副社長(写真:トヨタ自動車)

友山茂樹副社長は、2018年の東京オートサロンでこうスピーチしている。

「『自分の意志で自由に移動したい、どこまでも遠くに、誰よりも早く、美しく移動したい』という人間の欲求は、不変的なものであり、それを実現してくれるクルマに対する人々の感情は、豊かで、心ときめくものがあります。次の100年も、クルマを徹底的に面白くするというTOYOTA GAZOO Racingの挑戦は、まだ始まったばかりですが、お客様の笑顔のために、自動車産業の未来のために、心ときめくクルマづくりに拘(こだわ)り続けていきたいと思います」

トヨタのチャレンジを見守りたい

究極のエコカーやカーシェアリングなど、トヨタの描くクルマの将来像は従来のクルマ好きが楽しめるような未来とは言いがたい。しかし、トヨタ自身がそれをしっかり理解しているからこそ、クルマが白物家電化する一方で、クルマ好きをときめかせるようなモノづくりも同時に進めていこうとしているのだ。

良品廉価のモノづくりを得意としてきたトヨタには、高額なスーパーカーを得意とする欧州メーカーとは異なり、1億円を超えるような市販車作りのノウハウはない。それはすなわち、ハイパーカーの開発と市販化が驚くほどハードルの高いプロジェクトだということを意味している。

しかし、クルマ好きの1人として、そして日本人として、日本を代表するメーカーのそんな無謀とも思えるチャレンジの成功を、大きな期待とともに見守りたい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナショックの大波紋
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。