サムスン、新型折り畳みスマホCMを突如放送

米ハリウッド「アカデミー賞授与式」の合間に

韓国のサムスン電子<005930.KS>が11日に米サンフランシスコで発表する予定の縦開きデザインの新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーZフリップ」のテレビコマーシャルが9日、ハリウッドで開催されたアカデミー賞授与式の合間に突如放映された。写真は昨年1月撮影。(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[9日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>が11日に米サンフランシスコで発表する予定の縦開きデザインの新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーZフリップ」のテレビコマーシャルが9日、ハリウッドで開催されたアカデミー賞授与式の合間に突如放映された。

放映されたのは米国のみ。少なくとも紫と黒の2種類が発売されるという「ギャラクシーZフリップ」のデザインなどはこれまでに報じられていたが、その他の詳細はほとんど明らかになっていない。

ただ価格は、昨年9月に発売された「ギャラクシー フォールド」の1980ドルを下回るとみられている。「ギャラクシー フォールド」は本のように開くデザインで、スクリーンの問題から当初の予定から数カ月遅れての発売となった。

調査会社カウンターポイントのアナリスト、トム・カン氏は「新しい『ギャラクシーZフリップ』はサムスンのブランドにハロー(後光)効果をもたらし、アップル<AAPL.O>の高価格モデルとの競争がより有利になる」と指摘。中国がこれから飛び込もうとしている折り畳みスマホの市場でサムスンは先行していると語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT