サムスン、新型折り畳みスマホCMを突如放送

米ハリウッド「アカデミー賞授与式」の合間に

韓国のサムスン電子<005930.KS>が11日に米サンフランシスコで発表する予定の縦開きデザインの新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーZフリップ」のテレビコマーシャルが9日、ハリウッドで開催されたアカデミー賞授与式の合間に突如放映された。写真は昨年1月撮影。(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[9日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>が11日に米サンフランシスコで発表する予定の縦開きデザインの新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーZフリップ」のテレビコマーシャルが9日、ハリウッドで開催されたアカデミー賞授与式の合間に突如放映された。

放映されたのは米国のみ。少なくとも紫と黒の2種類が発売されるという「ギャラクシーZフリップ」のデザインなどはこれまでに報じられていたが、その他の詳細はほとんど明らかになっていない。

ただ価格は、昨年9月に発売された「ギャラクシー フォールド」の1980ドルを下回るとみられている。「ギャラクシー フォールド」は本のように開くデザインで、スクリーンの問題から当初の予定から数カ月遅れての発売となった。

調査会社カウンターポイントのアナリスト、トム・カン氏は「新しい『ギャラクシーZフリップ』はサムスンのブランドにハロー(後光)効果をもたらし、アップル<AAPL.O>の高価格モデルとの競争がより有利になる」と指摘。中国がこれから飛び込もうとしている折り畳みスマホの市場でサムスンは先行していると語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。