小中学生にスマホを買う親が絶対知るべき基本

「スマホを使わせない」よりもっと大事なこと

それは、「子どもが約束を守らない」のではなく「親が約束を守っていない」ということです。

スマホの使用ルールを決めて、ペナルティまで決めたとします。子どもは100%ルールを破るといって過言でありませんが、破ったとき、親がペナルティを実行しないのです。子どもがキレるとか、子どもが言うこと聞かないという理由で。

しかし約束は約束なので、ペナルティは実行しなければなりません。これを「教育」と言います。しかし、「この場面が終わってから」とか「もうすぐ終わるから」と子どもに言われ、それをぶつぶつ言いながら許してしまう親がいるのです。そうなると、もはやルールが守られることはなく、子どもは「約束は破っても大丈夫」ということを “学び”ます。

これが、親が子どもにコントロールされている実態であり、親のストレスが増長するゆえんです。

家庭の方針は夫婦で統一させておく

では、これからスマホを持たせる場合、いったいどうしたらいいでしょうか。

まずは次のいずれかを選んでください。

1)持たせた以上は、子どもの自主性に任せ、特に親は何も言わない
2)ルールを決めて子どもはその枠の中で使用するようにする。

この2つのどちらを選択するかは、家庭の方針によります。夫婦の間で方針が異なる場合は子どもが混乱しますので、事前に夫婦でどのような方針にするか統一させておきましょう。

1)を選択した場合

その子の性格や精神年齢、また、それまでの家庭内での話し合いや教育の影響もありますが、子どもが自己管理できると親が判断するなら、任せてしまうという方法があります。基本的に子どもの自主性に任せ、金額的問題、犯罪的問題が生じない以上は一切、口出ししません。ただし、昨今、犯罪に巻き込まれる事件も発生しており、そのようなケースもあることを含めて、家庭で定期的に話し合いを持つ必要はあるでしょう。

2)を選択した場合

次の手順で決めていくとよいでしょう。

【ステップ1】親子でルールを決める

通常は親が一方的にルールを決めます。しかし、その場合、問題が起こると子どもは親の責任にします。親が作ったルールが悪いと。ですから、ルールを決めるときは、次の手順を踏んでいきます。

「① 子どもの意見→ ② 親の意見→ ③ 話し合いで着地点を作っていく」

【ステップ2】親の考え方をしっかりと伝えておく

親の考え方はしっかりと子どもに伝えておく必要があります。「なぜ親は心配するのか」ということを含めて、です。

多くの親が心配することは「長時間スマホによる生活の乱れ」「犯罪に巻き込まれるのではないか」「勉強しなくなるのではないか」ですが、それらをしっかりと伝えましょう。逆に言えば、これらの状況にならなければ、親は心配する必要は一切ないわけです。そこで、「これらの状況にならないようにするにはどうすればいいか」ということを親子で決めていきます。

次ページ親子で決めていくこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。