出会い系アプリに翻弄された女性の「7年間」

24歳から31歳までさまざまなアプリを使った

デート相手は、思い出せないがどこかを骨折したとかで松葉杖をついていた。ハッピーアワーでカキを食べる。彼は博識で、コネチカットの学校に行ったという。彼は記者で、理解してくれるので、仕事を失いそうだと打ち明ける。

その後、散発的に数回デートをした後、彼が仕事を失う。私はがっかりしたが、それについては寛大でなければならない。さもなければ、冷淡に思われてしまう。今回の相手は、自分が関心を持てなかったからではなく、タイミングが悪かっただけと自分に言い聞かせる。アプリはそのままキープしておくが、しばらくは使わなかった。

早期退職をした後、ニューヨーク・タイムズで仕事を得る。働けることがとてもありがたく、男性はもう不要と思うようになる。禁欲的になる。幸せはキャリアから得るのだ。男性はいらない!

スマホに入っている不要なアプリをすべてバッサリ削除。OkCupidにCoffee Meets Bagel、Tinder、Hinge。そうそう、Bumbleも。このアプリは、上半身裸でボートに乗っている写真をアップする金融系の白人男性ばかりで、彼らが私のことを好きになることもないと気づいたので1日しか使わなかったから、存在を忘れていた。デートアプリをやめるのは4回目。

31歳の今は……

■27歳〜30歳

オンラインではいい人は見つからないと強く感じ、デートアプリに文句ばかり言う。しかし、魔がさしてまたアプリをダウンロードし、デートをする。練習ということにする。忘れることのできないとんでもない人とも出会う。

■30歳

Hingeで出会った36歳の男性に振られて自尊心を深く傷つけられ、親友に誰かを紹介してくれるようせがむ。

デートアプリをやめる。5回目。でも失敗に終わったからじゃないのは初めて。友達に紹介してもらった人といい関係になったのだ。相手にメロメロで不器用な、恋愛コメディの主人公のようになる。

■31歳

別れが来ないよう願いつつも、苦い経験を散々して最悪の事態を想定できるので、自分にこう言い聞かせる。その時がきたら、6回目にデートアプリをやめるのなんてなんでもないと。

(執筆:Fahima Haque、翻訳:中丸碧)

(C)2020 The New York Times News Services 

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。