「ハスラー」と「ジムニー」の似て非なる価値観

ボディや車内、走りにおける相違点とは?

そもそも、ハスラーが初代モデルから採用している丸目2灯ヘッドライトは、ジムニーに寄せたものだ。さらに、新型ハスラーは初代モデルと比べて、ボティ全体をスクエア(四角形状)としたことも、ジムニー似になった大きな要因である。室内空間を広げることは当然ながら、ジムニーイメージの踏襲も意識した結果だ。

2台の間で最も似ていないのは、リアビューだ。

背面スペアタイヤと横開きバックドアは「ジムニー」の特徴(写真:スズキ)

ゲートの開閉方向が上下と左右と異なり、またリアコンビライトが高い位置の縦型と低い位置の横型という違いがある。そして、ジムニーがスペアタイヤを背負うことが、リアビュー全体の印象を大きく変えている。

車内でも、相違点と共通点がある

写真撮影の位置決めのため、ハスラーのハイブリッドターボXとハイブリッドXそれぞれとジムニーを短時間に何度も乗り換えてみると、かなり大きな違いを感じた。

最も大きな違いは、ヒップポイントの高さだ。目線は当然、ジムニーのほうが高いことは予測できたが、ハスラーはお尻がストンと落ちる感じがするほどヒップポイントが低い。初代ハスラーと比べてマイナス7mmだと言うが、「腰の据わりのよさ」による低さ感がある。

ワクワクを刺激する“プロテクト感”

もうひとつの大きな違いは“密閉感”だ。

ハスラーは、ドアが上級車のようにバッスンと閉まり、さらに吸音と遮音によって車内の静粛性はエンジンをかけない状態でも実感できる。

「ハスラー」の車内は2代目になりよりタフさが強調された(筆者撮影)

対するジムニーは、少々大げさな表現をすると、まるで屋外にいるような感じだ。ハスラーのような密閉感は低い。タフさというより、ワイルドな印象がある。

別の見方をすると、2車の車内の雰囲気に共通点を感じる部分もあった。スズキが“プロテクト感”と呼ぶ部分だ。これは、一般的に“囲われ感”とも呼ばれる種類の感覚のこと。

ヒップポイントや目線の高さは違うが、両車とも運転席からの前方視界は水平方向が強調されている。そして、少し高めの位置にあるダッシュボードと横長の形状のフロントガラスによって、外部からプロテクトされている感じが、ドライバーのワクワク感を刺激するのだ。

次ページジンワリのジムニー、ダイナミックなハスラー
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。