ついに動き出した電子マンガ「中古売買」の成算

ブロックチェーンで業界のタブーを解消?

出版不況でも電子コミック市場は成長が続いている(撮影:東洋経済オンライン編集部)

市場成長が続く電子書籍で、ブロックチェーンを活用した新しい流通システムの開発が進められている。新システムで技術的に可能になるのが、電子書店がサービスを停止した場合の購入済みコンテンツの保護と、電子書籍の2次流通(中古売買)だ。

2018年度の電子書籍市場は3122億円(前年度比12.2%増)。このうち電子コミックが2387億円(同29.3%増)と8割を占める(インプレス総合研究所調べ)。電子雑誌の296億円(同6%減)、文芸・実用書・写真集など439億円(同10.8%増)となっており、電子コミックが市場成長を牽引している。

電子コミックでは、17年度には海賊版漫画サイトの「漫画村」が大きな社会問題となった。現在、サイトは閉鎖されて運営者も逮捕されたが、被害額は3200億円(一般社団法人コンテンツ流通促進機構の試算)に上るとされる。

しかし、海賊版サイトへの対策強化が奏功したほか、業界関係者からは「海賊版サイトは悪影響が大きかった反面、電子コミックを読む習慣が根付くきっかけとなった」との指摘もあり、その後の市場は高成長が続いている。

電子書籍の「トラッキング」と「中古売買」

インプレス総合研究所の試算では、今後も電子コミック中心に電子書籍市場は年間5~8%の成長が続き、23年度には4610億円となる見込み。漫画村をはじめとする海賊版サイトによる被害を乗り越え、業界は健全さを取り戻してきている。

この成長市場で新しい流通システムの開発に取り組んでいるのが、電子書籍取次で国内首位のメディアドゥホールディングス。電子書籍取次とは、出版社等のコンテンツホルダーが保有する電子書籍コンテンツを預かり、自社のコンテンツ配信システムによって電子書店に取次販売、著作物利用料などの徴収・管理を仲介する事業者だ。

メディアドゥHDが現在開発を進めているのが、電子書籍の購入履歴のトラッキングや、購入者による中古売買を可能にする、ブロックチェーン技術を活用した新しい流通プラットフォームだ。

次ページ電子書籍の新品と中古の違いとは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。