ついに動き出した電子マンガ「中古売買」の成算

ブロックチェーンで業界のタブーを解消?

アソビモの近藤克紀社長は「紙の本は中古で売れるのに、電子書籍はできないことを不便に感じていた。電子書籍の中古売買はユーザーのメリットになり、2次流通の対価を配分すれば出版社側の利益につながる」と強調。現在はPC上で試験的にオープンしている段階だ。「今春以降に予定するアプリ投入に合わせ、本格的にサービスを開始する計画」(近藤社長)。

中古本市場は紙の出版物販売額の5.5%

2018年の紙の出版物販売額は、前年比5.7%減の1兆2921億円(全国出版協会調べ)と減少傾向が止まらない。日販の『出版物販売額の実態2019』によると、中古本市場(フリマアプリなどの消費者間取引は含まず)は713億円となっており、出版物全体の販売額に対して5.5%程度となっている。

違法サイトなどの紆余曲折を乗り越えつつある電子書籍市場。ブロックチェーンによる新しい流通システムは、ユーザーの利便性向上や出版業界の活性化につながるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT