ついに動き出した電子マンガ「中古売買」の成算

ブロックチェーンで業界のタブーを解消?

アソビモの近藤克紀社長は「紙の本は中古で売れるのに、電子書籍はできないことを不便に感じていた。電子書籍の中古売買はユーザーのメリットになり、2次流通の対価を配分すれば出版社側の利益につながる」と強調。現在はPC上で試験的にオープンしている段階だ。「今春以降に予定するアプリ投入に合わせ、本格的にサービスを開始する計画」(近藤社長)。

中古本市場は紙の出版物販売額の5.5%

2018年の紙の出版物販売額は、前年比5.7%減の1兆2921億円(全国出版協会調べ)と減少傾向が止まらない。日販の『出版物販売額の実態2019』によると、中古本市場(フリマアプリなどの消費者間取引は含まず)は713億円となっており、出版物全体の販売額に対して5.5%程度となっている。

違法サイトなどの紆余曲折を乗り越えつつある電子書籍市場。ブロックチェーンによる新しい流通システムは、ユーザーの利便性向上や出版業界の活性化につながるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。