アウディ「A1」乗ってわかった最新進化の真髄

小型・軽量なボディを生かし機敏に走る

写真は17インチホイール装着の「S-line」(写真:LEON編集部)
いまや人気セグメントに成長したプレミアム・コンパクト。その真打ちともいえるアウディA1がついにフルモデルチェンジ。その実力を国内でテストした。

その意匠に込められたアウディの思いとは?

クオリティ感が高く、かつ80年代にラリーで大活躍したスポーツクワトロのイメージを活かしたスタイリングが特徴的な、アウディの新型「A1」が日本に登場した。

コンパクトなハッチバックの使い勝手のよさを重要視していて、かつ、おとなが乗るのにふさわしいクオリティ感も欲しい、というひとには、体験してみることを勧めたい。

ノーズ部分の3連スロットが新型A1の特徴(写真:LEON編集部)

そもそも、スポーツクワトロとは、アウディが世界ラリー選手権のために開発したモデル(1983年−84年)。このクルマの活躍に胸をときめかしたというクルマ好きもいるのでは?

全長4.2メートルの小型軽量ボディに当時としては桁外れの300馬力という高出力エンジンを搭載していた。コンパクトサイズでスポーティというイメージを強調するためだろう。アウディでは2代目になったA1のノーズに、スポーツクワトロで特徴的だった3連スロットを設けた。

本記事はLEON.JPの提供記事です

はっきり言ってしまうと、機能的な意味はまったくないけれど、ファッションのアイコンみたいなものである。この部分に込めたアウディのデザイナーの思い入れをおぼえておいて、同乗者に説明してあげるといいだろう。

アウディは1980年代にクワトロというスポーツ走行のための4輪駆動技術で、モータースポーツシーンを席巻。それを民間におろしたのが、クワトロだった。スポーツクワトロはいちおうラリーの出場権を得るために200台生産されて販売されたことになっているけれど、市場にはまず出回っていない。

次ページアウディとひと目でわかるものの…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT