アウディ「A1」乗ってわかった最新進化の真髄

小型・軽量なボディを生かし機敏に走る

A1は、加えて、大きなサイズのフロントグリルと、複雑な形状のエアダムが、アウディとひと目でわかるものの、ちゃんと新しい。フロントグリルはとりわけ精悍だ。そこが先代と大きく異なる点といえる。

パインイエローメタリックにブラックルーフという塗り分けの車体色もある(写真:LEON編集部)

日本で乗ったA1は、「A1 35 TFSI」と名づけられていて、110kW(150ps)の最高出力と250Nmの最大トルクを発生する1497ccエンジンに前輪駆動の組合せだ。従来の1.4リッターに代わる新エンジンである。

ボディサイズは、全長4040ミリ(S-lineは4045ミリ)、全幅1740ミリ、全高1435ミリ、ホイールベースは2560ミリ。とりわけホイールベースは先代A1より95ミリ延長されている。それにより居住性が向上しているのだ。

激戦のコンパクト市場ではどんな存在?

4メートルをほんの少し超える全長なのでコンパクト。おかげでメリットもある。

車体色のバリエーションが多いのもよい(写真:LEON編集部)

1220キロしかない車重とあいまって、活発な走りを楽しむことも出来るのだ。2ペダルの7段ツインクラッチ式変速機を使って3000rpmまで回して走ると、かなり気持がいい。

街中ではDレンジに入れっぱなしで充分な走りだけれど、山道ではマニュアルでシフトすることを勧めたい。さらにこのクルマの実力ぶりを堪能できるだろう。

機能的で居心地のいいドライバーズシート(写真:LEON編集部)

足回りの設定はややソフト。それゆえ高速や市街地では快適で、ワインディングロードでは慣れればよい。コーナーに入っていくとき、ボディのフロント外側が予想以上に沈みこむ。

それで問題が起きることはなく、コーナーの頂点をすぎることからアクセルペダルを踏み込んでいけば、1.5リッターエンジンは気持よい加速感を味わわせてくれる。

次ページ路面の状況がはっきりわかるので…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT