日銀の企業金融支援措置の撤廃、必要性が失せれば緊急的措置は停止が妥当

日銀の企業金融支援措置の撤廃、必要性が失せれば緊急的措置は停止が妥当

経済を語るに際して情緒的すぎるのは禁物だが、経済への介入が行き過ぎたり、あるいは経済政策と社会政策とが混同されることがあると、実体経済や市場の背骨が歪む。

米国投資銀行のリーマン・ブラザーズが経営破綻したのは2008年9月15日のことだった。その直後から、わが国でも金融市場が大混乱を来し、企業金融には一挙に信用収縮が広がった。折から年越え資金確保という企業金融のヤマ場を迎え、コマーシャルペーパー(CP)市場では金利が激しくハネ上がった。社債市場も同様の状況を呈した。

この金利の急上昇は、企業にとって単なる資金コスト増をもたらしたのではない。事実上、多くの企業の資金調達が不可能になった。そこでこの危機的な状況を緩和するため日銀が実施したのが、CP、社債の買い上げ、企業金融支援特別オペ、日銀適格担保要件の緩和などの一連の企業金融円滑化措置だった。

出口論との混同は禁物

リーマンショックから1年が経過した頃、日銀は一連の措置の停止を検討し始めた。激しい信用収縮に対峙した前線からの撤収である。そして日銀は10月30日の政策決定会合において、一連の措置のうちCP、社債の買い入れを今年12月末をもって停止することを決定した。

結論を急ぐと、この日銀の判断を基本的に支持したい。

日銀が一連の措置を停止することを検討し始めた背景には、大手企業層の賃金繰り改善と金融市場の安定化がある。たとえば08年11~12月には1・04%にも拡大していたCPと短期国債の流通利回り格差(スプレッド)はしだいに縮小。今年9月には0・09%とこの4年ほどの間では最低レベル付近にまで収斂した。さらには短期国債利回りと逆転するまでになった。CP金利が低下したからである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。