外国人の疑問!なぜ「桜見」でなく「花見」なのか

「日本語にほれ込んだ」アメリカ人の大疑問

宮本:「ニホン」か「ニッポン」か。日本人もかなり感覚的に使い分けていますが、どちらでもいい場合は「ニホン」と発音されることが圧倒的に多いようです。「ニッポン」と発音する場面を数えてみると、そう多くないことがわかるでしょう。

これは、言葉が時代を経て、省エネを目指す傾向があることを示しているのだと思います。ニッポンという発音は破裂音でニホンよりも発音にエネルギーが必要ですね。そうすると、次第にニホンのほうが使われるようになっていくのは自然な流れとも言えます。

アン:なるほど! 省エネかぁ! それは、若者たちが使う和製英語や略語にも言えるね。

いつから「五輪」と呼ばれるようになったか

宮本:言葉を略すのは日本語の特徴でもありますね。例えば、オリンピックを「五輪」と呼びますが、これは1964年の東京オリンピックがきっかけです。

『教えて!宮本さん 日本人が無意識に使う日本語が不思議すぎる! 』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

アン:オリンピックの「オリン」と「ごりん」は音が似てるね?

宮本:そうですね。オリンピックが「五輪」と言われるようになったのは、当時の読売新聞の記者によるものでした。新聞の見出しに、6文字も使うのは長すぎる。何かいい略語はないかと考えたのがきっかけだったそうです。

五つの輪がオリンピックのシンボルですから、漢字がそれを表していますし、当時その新聞記者は、宮本武蔵の「五輪書」についての記事を読んでいたこともあり「これだ!」と思ったそうです。五輪という言葉は略語とはまた少し違いますが、短くする感性を日本人は持っているということでしょう。

アン:それは本当にそう思う。若い人たちと話していると、とくに略語ばかりで目が回りそう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT