岐路に立つジュピターテレコム(JCOM)、CATV王者の市場をNTTが侵食

岐路に立つジュピターテレコム(JCOM)、CATV王者の市場をNTTが侵食

ケーブルテレビ(CATV)最大手、ジュピターテレコム(JCOM)への逆風が徐々に強まっている。これまで中小のCATV事業者の買収を重ね、電話・インターネット接続のセット販売での顧客単価上昇により収益拡大を続けてきた。直近の2009年1~9月期も営業利益は前期比14%増加した。

ところが、足元では最大の強みである放送サービスで苦戦が目立ち始めている。背景にあるのは、もともと放送事業が「専門外」だった東西の通信会社との競争激化だ。

顧客流出に危機感 関西限定で値下げも

変調は価格戦略の動向から見て取れる。JCOMは今年4月、「お得プラン」を導入した(下表参照)。多チャンネル放送・ネット接続・電話の3セットを従来価格より約15%も引き下げたのが最大の売り。ところが、同プランは関西圏限定だった。

きっかけは同エリアでの予想外の苦戦にある。昨年11月に関西電力系の通信会社、ケイ・オプティコムが多チャンネルなどのセット価格を大幅に引き下げるキャンペーンを展開。JCOMと同等のサービスで価格差が2500円以上も開いたことで解約が相次いだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。