今どきの小学生も熱くなる ベイブレード人気の仕掛け


 約4年ぶりに復活した、現代版ベーゴマ「ベイブレード」が売れている。昨年8月の発売以来、累計販売個数は800万超(9月末時点)。苦戦する今年の玩具市場では、数少ないクリーンヒットとなっている。

購買層は小学生の男児。スターターキットは1000円前後で、小遣いで買える「手頃さ」と、コマ同士を競わせて勝敗を決める「わかりやすさ」が特徴だ。携帯型ゲームやカードゲームについていけない父親も、安心して一緒に遊べる。

2001年に登場した初代ベイブレードは海外55カ国に広がり、4年間で430億円超のメガヒット商品となった。その成功に倣い、今回もテレビアニメや雑誌とのメディアミックスを展開。加えて、売り場での新しい仕掛けも用意した。

まず、玩具店店頭に「ベー太1号」なる無料体験機を設置。兄弟や近所の遊び仲間が少ない最近の子どもが、1人でも試遊できるようにした。対戦の戦績を記録する「ベイポインター」も商品化し、勝って貯めたポイントは景品と交換できる。さらに店頭イベントとして、公式大会を積極的にバックアップ。スポーツ並みの競技規則を作成し、「一時のブームに終わらず、息長く遊んでもらえるよう」(タカラトミー)工夫を凝らす。全国大会や海外展開の準備も進めており、勢いは続きそうだ。

(勝木奈美子 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。