「ウクライナ機誤爆」で今度こそヤバいイラン

アメリカより憂慮すべき国民の反感

ところが、1979年のイラン・イスラム革命で一転する。この日を境にアメリカは「大悪魔」となり、イスラエルが敵となった。

テルアビブ大学のイラン研究者ドロン・イツハコフ博士は論考で、「ホメイニ師はイスラエルに対する憎悪を、政権を強化するために使える『道具』と考えた。そして、イランの体制にとって、こうした憎悪が中核に位置づけられ、イランのアイデンティティーを形成することになった」と分析する。

イスラムが西側の価値観に脅かされているとの現実的な理由もあった。だが、「イスラム国家の構築」という一大プロジェクトを成し遂げる思想やエネルギーを、アメリカやイスラエルとの対立に求めたのだ。

カナダ人犠牲者が多かった理由

ソレイマニ司令官の殺害をきっかけに国民を団結させるのに成功したイランだったが、大きな誤算となったのが、8日に起きたウクライナ機の誤射事件である。

イギリスのBBC放送によると、176人の内訳は、イラン人82人、カナダ人が57人、ウクライナ人11人など。イラン人に次いでカナダ人が突出して多いのは、1979年の革命の混乱を逃れた旧体制の王政派や、イランの将来を悲観してカナダに渡ったイラン人が多数いるためだ。カナダには現在、イラン系の人々約21万人が暮らしているという。筆者の知人夫婦も数年前、保守的で経済的にも展望が開けないイランでの生活に絶望し、カナダに移住した。

在外イラン人の中には、体制はいずれ崩壊すると予測する人もいる。イラン国民の中にも、イスラム思想を固守して保守的な価値観を押し付ける体制に辟易している人々がいる。だが、イラン国内に革命防衛隊などの暴力装置が張り巡らされており、昨年11月のデモもインターネットを遮断し、自国民数百人を殺害する恐怖支配によって封じ込めた。

イラン情勢が注目される中、トランプ大統領は1月12日、「偉大なイランの人々を殺すのをやめろ!」とツイッターに投稿。アメリカという敵との正面対決をなんとか回避したイランの体制は、国民という内なる難題への対応に苦慮することになりそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT