動画・SNS「見放題」、消えない公平性への懸念

総務省策定のガイドラインになお残る穴

では、そもそも現状のゼロレーティングはいったいどのようになっており、ガイドラインの実施によって何が変わるのか。

数多のコンテンツがインターネット上にひしめき競り合っている中で、実際にゼロレーティングの対象になっているサービスは、一部に限られている。

コンテンツの選定基準は非公表

例えば、最も多くのコンテンツをゼロレーティングにしているソフトバンクの大容量プラン「ウルトラギガモンスター+」でも、動画の「ユーチューブ」「アベマTV」やSNSの「LINE」「ツイッター」「インスタグラム」など対象のサービスは13で、1月末から加わるアマゾンの「プライムビデオ」を入れても14にすぎない。

コンテンツの選定基準は非公表だが、ソフトバンクの広報担当者は「必要な『識別子』を備えているなどの技術要件を満たしているコンテンツであれば、公序良俗に反しない限りゼロレーティングの対象として適切に検討して判断している」と説明する。

識別子とは、通信全体の中から特定のコンテンツを見分けるためのデータのようなもので、ゼロレーティングを行ううえで技術的に必要になる。

一方、au(KDDI)がゼロレーティングを行っているプランの「auフラットプラン7プラスN」では、対象のサービスはさらに少なく片手で収まる。今のところは、SNSの「ツイッター」「インスタグラム」「フェイスブック」「プラスメッセージ」の4つのみだ。

ソフトバンクとauのこの数の差は、両社のプランに対する位置づけの違いが影響している。

次ページ自社の戦略に合わせて選別
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。