「お金を稼げない人」にある残念な考えの共通点

副業・独立時代の知っておきたい仕事のコツ

研修会社を立ち上げたばかりの頃、私は、とある官庁の研修を3年連続で引き受けていました。

『稼げる講師、稼げない講師どこが違うか』(あさ出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

正直なところ、講師料が高いわけではなかったのですが、当時は、まだ30代だったため講師としては年齢が若く、実績を積めることがありがたかったのです。その結果、ここでの経験があったことで、私の社会的信用度が増し、ほかの仕事につなげることができました。

効率のいい仕事は、とてもありがたく飛びつきたくなることでしょう。しかし一瞬収入が上がっても、それ以降、仕事が来ず落ちていく人がほとんどです。1回の料金だけでなく、将来的展望も含めて多面的に仕事を引き受ける必要があるのです。

稼げる人になるには、優先順位を決め、「やらないこと」も戦略的に選んでいかなければなりません。当然ながら、そこには多少の勇気も必要ですし、選んだ仕事には全力で向き合う必要もあります。

稼げる人と稼げない人の違いは、少しの考え方の違い

このように、稼げる人、稼げない人の違いは、ほんの少しの考え方、行動の違いです。

これから副業・フリーランスで仕事を始めてみようと思っているけれど、自分にできるか不安という方や、始めてみたものの、いまひとつ思うようにいかなくて悩んでいる方は、残念な考え方に陥っている可能性があります。一度、今の考え方や仕事の仕方を見直して残念な考え方から脱却し、稼げる人になってください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。