レクサス「UX300e」がピュアEVで登場する意味

単にマーケティングで発売を決めたのではない

広州自動車ショーで発表されたレクサスの電動車「UX300e」(写真:LEON編集部)
北京と上海につぐショーで、世界中のクルマがそろうという、日本にいると信じられない大規模な展示「広州自動車ショー」が2019年11月に開催された。そこでレクサスらしいブースで報道陣を前に存在感を発揮していた電動車「UX300e」の注目すべきポイントとは?

「UX300e」の開発はレクサスにとって“必然”だった

だんだん電動車のムーブメントが本格化してきた。日本ではついにレクサスが参入を発表。「UX300e」なるピュアEVのお披露目が行われたのが注目だ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

レクサス「UX300e」は、単に二酸化炭素や窒素化合物を排出しないクリーンビークルであるだけない、とレクサスではする。ここが面白い点だ。

電動化のメリットの1つは「ドライバーの運転感覚に寄り添った自然な加減速フィールと、高出力モーターによる優れた加速性能を両立」したところにある、と説明される。

どういうことかというと、ハイブリッド車に乗ったことのある人は先刻ご承知かもしれないけれど、モーターは、ガソリンやディーゼルエンジンよりもアクセルペダルへの反応がうんと速い。レクサスのエンジニアは、そこに注目しているのだそうだ。

世界に向けてこのクルマが発表されたのは、2019年11月に開催された広州自動車ショーでだった。北京と上海につぐショーで、世界中のクルマがそろうという、日本にいると信じられない大規模な展示が特徴。

クリーンなデザインがいかにもレクサスらしいブースで報道陣を前にベールを脱いだ「UX300e」は、ブルーのボディカラーが美しく、計算されつくしたライティングの下、存在感を発揮していた。

次ページ電動車販売の“逆風”の中でUX300eを開発したワケ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。