ベンツの「ディーゼル」乗ってわかった最新進化

オールラインナップ試乗会で乗り味を体感

また、日本で初めてディーゼルとプラグインハイブリッドの組み合わせとなる「E 350 de」もついに発売された。13.5kWhものリチウムイオンバッテリーを搭載するためトランクが狭くなるのは仕方がないが、モーターだけで50km(欧州参考値)の走行が可能。これにより市街地ではモーターで、高速ではディーゼルで効率よく走行することが可能となる。

ディーゼルでも静粛性は変わらず

車検証によると前軸重が1030kg、後軸重が1070kgと前後重量配分はリアのほうが大きいのはさておき、車両重量が2100kgもあるわけだが、システム最高出力306ps、システム最大トルク700Nmを発揮するだけあって、その瞬発力は強力だ。

ディーゼルとプラグインハイブリッドの組み合わせとなる「E 350 de」(編集部撮影)

ブレーキング時にはさすがに重さを感じるが、ハンドリングも含め操縦感覚としては重々しい感覚がうまく払拭されていたことにも感心。回生ブレーキによるペダルフィールにも多少のクセはあれど、それほど大きな違和感はない。

また、メルセデスにはすでにガソリンのプラグインハイブリッドもあったわけだが、ディーゼルに置き換えてもこれほど静かであることにも感心した次第である。

こうしてディーゼルの可能性を探るべく新しい試みにチャレンジしているあたりからも、メルセデスがまだまだディーゼルに本気で力を注いでいくことがうかがえる。そして試乗しても、いずれもメルセデスブランドにふさわしい、上質なドライブフィールを実現しており、ディーゼルが進化しつづけていることもよくわかった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT