ベンツの「ディーゼル」乗ってわかった最新進化

オールラインナップ試乗会で乗り味を体感

2019年に7年ぶりにモデルチェンジしたGLEは、専用のMHA(モジュラー・ハイ・アーキテクチャー)を採用しており、アメリカで生産される。5m近い全長に全幅も2mを超えており、日本で使うには大柄ながら、その堂々たる体躯こそ人気のヒミツであり、現行型はすべてニーズの高い7人乗りが標準仕様となったのも特徴だ。

2019年に7年ぶりに全面刷新したGLE(編集部撮影)

4気筒でも動力性能的には大きな不満はないものの、やはりこのクラスとなれば6気筒の上質なドライバビリティを求めるユーザーも少なくないはずだが、6気筒はより吹け上がりがスムーズで振動も小さく、エンジンサウンドもガソリンに近い印象となる。

【2020年1月10日12時50分追記】初出時、一部写真が入れ替わっていましたので修正しました。

6気筒同士の「G 350 d」と「GLE 400 d」では、同じエンジンながら数字が異なるとおりスペックも「G 350 d」が最高出力286ps/3400~4600rpm、最大トルク600Nm/1200~3200rpmであるのに対し「GLE 400 d」は最高出力330ps/3600~4000rpm、最大トルク700Nm/1200~3000rpmと差別化されていて、ドライブしても相応の印象の違いが見受けられる。

G 350 dとGLE 400 dの違い

最高出力や最大トルクの数値ではGLEがだいぶ上回り車両重量も軽いものの、ドライブすると低中速トルク重視で柔軟性に富むからか、「G 350 d」のほうがごく普通に流すぶんには扱いやすく感じられた。

逆に「GLE 400 d」は踏み込んだ際にパンチの利いた加速を示し、回転上昇に勢いがある。そのあたりはそれぞれの車種のキャラクターに合わせて、よりふさわしいものを与えたということだろう。

次ページディーゼルとPHVの組み合わせ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT