「太陽光サーチャージ」始動、総合的な視野を持った環境・エネルギー政策を


 もともとは「家庭用の太陽光発電装置で発電された電力を、一定量に限り一般の電力料金よりも高い価格で買い取り、その差額は消費者が負担する」というもの。料金は1キロワット当たり48円と、通常の約15~22円(東京電力の場合)と比べて高めに設定され、その差額が「太陽光サーチャージ」となるわけだ。

受益者負担による太陽光発電の普及を目指したもので、これだけ見れば、環境によい施策に思えるかもしれない。だが、なぜ太陽光発電だけに限定したのかについての説明は、太陽光発電システムの普及率をドイツに抜かれたから、トップを奪回するため、とあるだけ。総合的な環境政策、エネルギー政策に基づいて制定されたとはとてもいえない。

再生可能エネルギーは、太陽光だけではない。前出の風力、バイオマスのほかにも、小規模水力、地熱など、経産省傘下の資源エネルギー庁を中心に長年研究されてきている。

にもかかわらず、この省令では、すでに普及が進み始めている家庭用のガス・コージェネシステムや風力発電などとの併用は除外されている。太陽光発電以外の発電方式による電力は、分離するシステムの導入をしなければ売電不可、分離するための装置は売電側(つまり家庭)の自己負担という念の入れようだ。

また、「家庭で」「使用した電力の余剰分」に限られ、事業用の発電設備は除外されている。さらに、家庭であっても一定量以上の余剰が出た場合、電線への流入を自動的にシャットアウトすることによって、買い取りは拒否される。電力は在庫が利かないから、せっかく生産した電力が、みすみす捨てられてしまう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング