「コード・ブルー」作り手が語る医療ドラマの裏

新ドラマ「トップナイフ」が追求するリアル

:医療ドラマはディテールが大事です。オペの手つきや医療器具は専門家じゃないと、リアルかどうか見抜けないかもしれないけど、全体を支えているのは「それっぽさ」だと思うんです。以前、実際の手術を見学させてもらいました。開頭手術だし、血がいっぱいあふれ出てるし、僕はすごく怖かった。でももっと衝撃を受けたのは、医師たちが淡々と仕事していること。

新村:ええ。頭の皮膚を切って頭蓋骨を外して、脳に到達するまでは、まるで大工仕事なんですよ。道具を使って着々と進めていきます。でも、いざ脳にさしかかったら、顕微鏡をのぞきながら、ものすごい集中力によってミリ単位で動いていく。この緊張と緩和のギャップは凄まじいものがありますよね。

リアリティーがないと視聴者はしらけてしまう

:考えてみたら当然だけど、それが医師の日常で、1日に何件もオペをしていて。だから僕は、手術室ってけっこう寒いんだなとか、頭を開けている間は世間話をしてるんだなとか、そういう空気感をリアリティーとして持ち帰りました。その空気がないと視聴者はしらけてしまう。

新村核(にいむら・かく)/医学博士。東北大学医学部卒。脳神経外科学会専門医・指導医、脳卒中学会専門医・指導医、脳卒中の外科学会技術指導医。アンチエイジング学会専門医。認知症予防学会専門医。「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(全シーズン)、「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」(全シーズン)、「検事・朝日奈耀子」など医療監修多数。

新村:ドラマ「トップナイフ」は「コード・ブルー」とはまた違ったリアルを追求されていますね。「大がかりな手術器具もしっかり揃えます」とプロデューサーがおっしゃっていて、意気込みを感じました。

とうとう脳外科が舞台ですね。初めて会った頃から、林さんは脳外科医というモチーフを熟成されているなと思っていたんです。

:ばれていましたか。新村先生に脳外科医の話をよく聞いていましたもんね。あれから脳科学の本を読んだりして、脳の不思議さに引きこまれました。原作小説の『トップナイフ』に書いたとおり、脳はまさに「未開の地」で、解明されていないことが多い。逆に言うと、いくらでも想像を膨らますことができる。ドラマの種がたくさん埋まっていたんです。

新村:カプグラ妄想、コタールシンドローム、サヴァン症候群、エイリアンハンド、となかなかレアな疾患をきちんと科学的に理解したうえで、その症状によって患者さんや医師たちの人間的なドラマを動かしていく。医学のほうからストーリーに入っていく発想には「こうきたか!」と、そして病理と人生を矛盾なく描けたことに「さすが!」と驚きました。医師の私からしても、『トップナイフ』は楽しい小説ですよ。

次ページ人間の不確かさに立ち会う脳外科医
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT