「コード・ブルー」作り手が語る医療ドラマの裏

新ドラマ「トップナイフ」が追求するリアル

新村:僕は医療監修をするにあたって、まず原作や脚本を読み、制作陣がドラマというかたちで何を描きたいのかをしっかり抽出して理解するようにしています。テレビドラマはエンターテインメントの世界ですから、面白い話にしたい、魅力的に見せたいという意向もありますよね。それを汲みとりながら、現実に苦しんでいる患者さんの気持ちを冒涜しない描き方を考えていくのが僕の仕事だろうと。

林宏司(はやし・こうじ)/脚本家。関西学院大学卒。出版社勤務を経て、2000年「涙をふいて」で脚本家デビュー。 「医龍 Team Medical Dragon-」「GM~踊れドクター」「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」など人気シリーズとなった医療もののテレビドラマのほか、「離婚弁護士」「BOSS」「ハゲタカ」「アイムホーム」「ヘッドハンター」など数々の大ヒットドラマを手がける。

:「コード・ブルー」で題材にした病気を患っている人からお手紙をいただいたことがあります。それから責任感が生まれました。ドラマの中で誰かが亡くなるにしても、面白さを優先したくない。人物の生死をきっちり描きたい、と。

新村:そういう熱意を俳優さんから感じることもありますよ。撮影現場で技術指導をしていると、いろんなタイプの人がいるんだなと驚かされる。ある俳優さんは「メスはどうやって動かすんですか?」と型から入って、私の実演をよく観察して盗んでいました。また別の俳優さんは「ドクターはどういう気持ちで手術に臨むんですか?」と、医師の内面から演技をつかんでいった。技術と心情、どちらもオペシーンを成立させるために大切なアプローチですよね。私もドクター対ドクターだと思って、丁寧に説明します。

手術シーンはシナリオで細かく書き込まない

:手術シーンはシナリオで細かく書き込まないんです。基本的にはセリフを指示するものなので。だからシナリオ上は「メスで腹部を切る」というたった1行だったりするけど、それを映像にするとき、演じる人の動きひとつで迫真性がぐんと変わってくる。

新村:印象的だったのは、オペの背景を理解しようとした俳優さんです。頭の中の太い血管を潰して出血を止めるというシーンでした。「これはどういう手術なんですか? シナリオだと、手術後に患者さんは植物状態になっていますよね。それがわかっていて血管を潰すんですか? もう治らないんですか?」と聞かれました。

「たしかに、この処置をすることで患者さんを植物状態にしてしまいます。でもこの血管はもう壊れていて、血管を潰さなければ亡くなってしまうんです。医師はとにかく患者さんを死なせないという選択をオペ中にする。そういう描写ですね」と説明したら、「やるせない手術ですね」とおっしゃって。そこから表情や所作をつくっていって、奥深い演技をされていました。役者魂ってすごいですね。

次ページ医療ドラマはディテールが大事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT