もはや日本が「消費増税」から逃げられない理由

「普通に働く」中流階級こそ社会保障が必要だ

税を語れば嫌われる。僕だって嫌われたくない。だが、先の北欧の例でもわかるように、税の使い道を徹底的に議論すれば、より幸福な社会を実現することはできる。だからこそ、僕は消費税を柱としながら、これを所得税の累進性強化、減税続きの法人課税の復元、金融資産や相続財産への課税強化、逆進性の強い社会保険料の改正等で補完する方向性を示してきた。

しんどいのは、左派野党を中心に消費税への反発が強いことだ。ここでも僕は孤立することとなる。だが、ライフ・セキュリティを本気で行おうと思うのなら、消費税は外せない。

消費税を1%引き上げると2.8兆円の税収があがる。一方、1237万円超の所得税率を1%上げても1400億円程度の税収しか生まない。あるいは法人税率を1%上げても5000億円程度の税収に止まるのが現実だ。

富裕層や大企業への課税のみでは変革は遠のく

ライフ・セキュリティを実現しようと思えば、さらに6〜7%の消費増税が必要になる。所得税なら120〜140%、法人税なら34〜39%の引き上げが必要になる計算だ。ケタちがいの税収を生む消費税を選択肢から外し、富裕層や大企業への課税のみで社会変革を語るとすれば、むしろ社会変革は遠のいてしまう。

消費税批判の前提には大きな誤解がある。ノースウェスタン大学のM・プラサド教授に聞いてみよう。「貧困と不平等の削減に最も成功した国々は、富裕層に課税し、貧困層に与えることでそれをやり遂げたのではない」(March 7, 2019, New York Times)。これは日本の外で財政を学ぶ者にとって常識的な理解だ。

消費税を軸としながら、豊富な税収で積極的な分配政策を実施する。そして、富裕層や大企業への課税を通じて、消費税の上げ幅をできる限り下げていく。これが最も現実的な選択肢なのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。