日経平均の動きが「バブル崩壊時」に似てきた?

上昇相場の先行きをチャートで徹底予測

株価は上昇基調だが、景気実態は2009年に近いという見方もある。このあと、株価はどうなるのか?(写真は2009年3月、撮影:尾形文繁)  
米中貿易戦争への警戒感が大きく和らいだこともあり、日経平均株価は昨年の高値2万4270円(終値)を超えるとの見方も増えてきた。今後はどうなるのか。国際テクニカルアナリストで、「Kチャート」の考案者である古城鶴也氏が同チャートを使って、今後のマーケットを予測する。

日経平均は、3万円を目指す軌道に入ったか

日経平均は、8月26日の2万0261円を底として、ほぼ一直線に上昇し、12月2日には終値で2万3500円を上回ってきました。この調子であと1000円弱も上昇すれば2018年の高値を超え、平成以降では経験したことのない、まったく新しい上昇相場に入ることになりそうです。本当にこの上昇は続くのでしょうか。

そこで、日経平均の月足をKチャートで見てみると、11月の月足はピンクの帯(高値圏)の中にあることがわかります。

ここでKチャートの見方・使い方を簡単に説明します。

次ページ上に行くのか下に行くのか、今は判断の別れ目
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。