日経平均の動きが「バブル崩壊時」に似てきた?

上昇相場の先行きをチャートで徹底予測

株価は上昇基調だが、景気実態は2009年に近いという見方もある。このあと、株価はどうなるのか?(写真は2009年3月、撮影:尾形文繁)  
米中貿易戦争への警戒感が大きく和らいだこともあり、日経平均株価は昨年の高値2万4270円(終値)を超えるとの見方も増えてきた。今後はどうなるのか。国際テクニカルアナリストで、「Kチャート」の考案者である古城鶴也氏が同チャートを使って、今後のマーケットを予測する。

日経平均は、3万円を目指す軌道に入ったか

日経平均は、8月26日の2万0261円を底として、ほぼ一直線に上昇し、12月2日には終値で2万3500円を上回ってきました。この調子であと1000円弱も上昇すれば2018年の高値を超え、平成以降では経験したことのない、まったく新しい上昇相場に入ることになりそうです。本当にこの上昇は続くのでしょうか。

そこで、日経平均の月足をKチャートで見てみると、11月の月足はピンクの帯(高値圏)の中にあることがわかります。

ここでKチャートの見方・使い方を簡単に説明します。

次ページ上に行くのか下に行くのか、今は判断の別れ目
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT