古城 鶴也(こじょう かくや)
国際テクニカルアナリスト

こじょうかくや 日本テクニカルアナリスト協会理事。証券会社のファンダメンタル・アナリストとして約20年勤務。投資顧問会社へ出向・復帰後、経営企画部門、市場部門、自己運用部門などの部長を歴任。損害保険会社の財務部を経て2015年から同協会事務局。独自考案のKチャートによる市場分析で定評。セミナー講師、大学公開講座講師など多数。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。