楽天がディズニー関連商品専門のサイトを新設

楽天がディズニー関連商品専門のサイトを新設

楽天は、インターネットショッピングモール「楽天市場」の中に、ディズニー関連商品を専門に扱うサイト「ディズニーゾーン」を開設した。おもちゃやぬいぐるみ、雑貨、DVDなどのディズニーキャラクター商品のほか、3つのディズニーホテル(ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル)や「ディズニーオンアイス」などイベントの情報を掲載する。

楽天市場には、ディズニー関連商品を扱うショップが3500店以上あり、商品点数も14万点以上にも及んでいたが、これらを一つのポータルサイトに集約。これまでもクリスマスなどの季節イベントをテーマに特設サイトを設けたことはあったが、キャラクターでサイトを設けるのは初めてという。ウォルト・ディズニー・ジャパンとライセンス契約を締結したことで実現した。

「日本には幅広い層のディズニーファンがいる」(三木谷浩史会長兼社長)。人気の高いディズニー関連商品について、一覧性を高めワンストップで購入できる場を提供することで顧客の利便性を高め、集客力の向上を見込む。

■業績予想、会社概要はこちら

(堀越千代 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。