アメリカ西海岸を席巻する「激安スーパー」の凄み

2019年6月上場のグローサリー・アウトレット

創業以来、一貫してニッチなマーケットを深耕する道を選び進んだ。背景にはアメリカならではの直接取引の商慣習がある。商品の供給者は過剰在庫を抱えることや、安売りするというブランドイメージが壊すリスクを軽減したい。そこでグローサリー・アウトレットが有名食品メーカーや日用品メーカーのサプライヤーから過剰在庫を割引価格で仕入れ、店頭で激安価格で販売する。

規模にものを言わせ仕入れを競う小売業界で、過剰在庫の需要を受け皿に成長した。同社の売上高はウォルマートの1%に満たない。衣料品小売業界にも同じモデルで成長を続けるTJXという会社がある。TJXは、アメリカ・カナダやヨーロッパで各種ブランドのディスカウント店を展開している。こうした会社は、比較的景気に左右されにくいという特徴もある。

お得な商品をサプライヤーから仕入れる強み 

グローサリー・アウトレットは差別化のポイントを「利便性の提供ではなく、お得な価格」と強調する。単に安売りして顧客を集めるわけではない。長い時間をかけて割安な価格のものを大量に安定して仕入れる関係性をサプライヤーと築いたからこそできる技だ。

アメリカには日本では有名ではないものの、投資家だけでなく日本人が勝ち残るヒントになる会社がたくさん存在する。Eコマースのアマゾンが世界のすべてを支配することはできない。一方で規模が劣る会社でも、長所を生かして伸ばすことができれば、必ず勝ち残る道がある。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。