あのバフェットが投資する米国高級家具の正体

差別化したブランドを確立したRHのすごさ

RHの旗艦店・ニューヨーク店の内観(写真:RH)

 “投資の神様”バフェットが買った銘柄は、米国株式市場でつねに話題になる。その中でも、2019年9月に投資を開始した高級家具小売りのRHという銘柄が異色だ。

「今さら、家具屋さんに投資するの?」と思う人も多いはずだ。バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは長期投資家の代表格。継続的な成長が期待できて、そこから生み出されたキャッシュを裏付けに配当する銘柄を好む。バフェットはRHのどこを気に入ったのだろうか?

増収増益を続けるRH

同社はレストレーション・ハードウェアの社名で1979年に創業した。ビンテージ家具の金具が発祥だ。

『米国会社四季報』2019年秋冬号は現在発売中。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

現在のゲイリー・G・フリードマンCEOが、高級家庭用品のウイリアムズ・ソノマで積んだ経験を生かし事業を発展させた。

業績は増収増益を続けており、営業利益率は10%台と小売業の中では高い。さらに継続的に利益率は改善される見通しだ。直近の2019年1月期は売上高約25億ドル、営業利益2.5億ドルとなっている。

事業内容をみると、商品は高級だがクラシックなものが多い。家具、照明、テキスタイル、ベビー&子供向けなど幅広い。季節ごとに「コレクション」としてコンセプトを統一したカタログも充実だ。最新版の「スキーハウス」では、リゾートの別荘地のイメージで商品を提案する。

次ページ【グラフ】RHの株価も右肩上がり
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT