あのバフェットが投資する米国高級家具の正体

差別化したブランドを確立したRHのすごさ

RHの旗艦店・ニューヨーク店の内観(写真:RH)

 “投資の神様”バフェットが買った銘柄は、米国株式市場でつねに話題になる。その中でも、2019年9月に投資を開始した高級家具小売りのRHという銘柄が異色だ。

「今さら、家具屋さんに投資するの?」と思う人も多いはずだ。バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハサウェイは長期投資家の代表格。継続的な成長が期待できて、そこから生み出されたキャッシュを裏付けに配当する銘柄を好む。バフェットはRHのどこを気に入ったのだろうか?

増収増益を続けるRH

同社はレストレーション・ハードウェアの社名で1979年に創業した。ビンテージ家具の金具が発祥だ。

『米国会社四季報』2019年秋冬号は現在発売中。書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

現在のゲイリー・G・フリードマンCEOが、高級家庭用品のウイリアムズ・ソノマで積んだ経験を生かし事業を発展させた。

業績は増収増益を続けており、営業利益率は10%台と小売業の中では高い。さらに継続的に利益率は改善される見通しだ。直近の2019年1月期は売上高約25億ドル、営業利益2.5億ドルとなっている。

事業内容をみると、商品は高級だがクラシックなものが多い。家具、照明、テキスタイル、ベビー&子供向けなど幅広い。季節ごとに「コレクション」としてコンセプトを統一したカタログも充実だ。最新版の「スキーハウス」では、リゾートの別荘地のイメージで商品を提案する。

次ページ【グラフ】RHの株価も右肩上がり
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT