一流経営者が「服と食事」にこうも無頓着な理由

ジョブズ、ザッカーバーグ、オバマ…

ジョブズやザッカーバーグ、オバマはいつも同じ服を着ていたそうですが、その理由は……(写真:アン・デオール/PIXTA)
「シンプルライフ(持たない暮らし)」は日本でも浸透しつつある。ところが、モノを捨てられずため込んでしまう人は多い。そういう人は、いったい何が悪いのだろうか。
そこで、本稿では、日本マイクロソフト元社長の成毛眞氏が、常識にとらわれず、モノや習慣をバッサリ捨てていく極意をご紹介する(本稿は、成毛眞箸『一秒で捨てろ!』の一部を再編集したものです)。

「服選びをやめればクリエーティブになれる」は本当か

現代人はモノを持ちすぎだ。なぜ、捨てられずに、モノをため込んでしまうのか。それは、「ムダなこだわり」があるから。そんなものは即刻捨て去るべきだ。

アップルの故スティーブ・ジョブズといえば、いつ見ても黒のタートルネックとジーンズしか着ていなかった。その影響で、「毎日、同じ服を着ていれば、クリエーティブな人間になれる」みたいなことが言われるようになった。

同じ服と決めていれば、選ぶ手間がなくなる。そういう意思決定を減らすことで、脳のリソースをムダづかいすることなく、クリエーティブにつぎ込める――。そういう論法であるようだ。

確かに、ジョブズ以外にも同じような考え方をしている人を見かける。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグは、白いTシャツとジーンズばかりだ。また、クリエーティブとはいえないかもしれないが、アメリカ前大統領のバラク・オバマも、紺のスーツと白いワイシャツばかり着ていた。2人とも、余計な意思決定に頭を使いたくない、ということを述べている。

実は私も無意識にそうしている。サラリーマンを辞めてから20年間、毎日ほぼ同じような服を着ている。

次ページ服も鞄の中身もシンプルにすることで、時間の節約に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。