米ターゲット、通期利益見通しを引き上げ 

好調な年末商戦を予想、株価も一時急伸

米小売大手ターゲットが20日、通期の利益見通しを引き上げた。即日配送サービスや店舗改装が奏功する中、年末商戦が力強い内容になることを示唆した。カリフォルニア州サンディエゴで2016年5月撮影(2019年 ロイター/MIKE BLAKE)

[20日 ロイター] - 米小売大手ターゲット<TGT.N>が20日、通期の利益見通しを引き上げた。即日配送サービスや店舗改装が奏功する中、年末商戦が力強い内容になることを示唆した。

これを受け、ターゲット株は序盤の取引で12%超急伸した。

合わせて発表した第3・四半期(11月2日まで)決算は、総売上高が約5%増の186億7000万ドル。一時項目を除く利益は1株当たり1.36ドルで、リフィニティブ予想の1.19ドルを上回った。

通期の調整後利益は1株当たり6.25─6.45ドルとし、従来の5.90─6.20ドルから引き上げた。

即日配送サービスの投資強化を背景に、オンラインを通じた販売は第3・四半期に31%増加。店舗の来客数は3.1%増えた。

既存店売上高は4.5%増で、予想の3.6%増を上回った。年末商戦の既存店売上高3─4%増を想定し、予想と一致した。

米ウォルマート<WMT.N>も先週、好調な第3・四半期決算を発表し、好調な年末商戦期を予想して通期の利益見通しを引き上げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。