米ターゲット、通期利益見通しを引き上げ 

好調な年末商戦を予想、株価も一時急伸

米小売大手ターゲットが20日、通期の利益見通しを引き上げた。即日配送サービスや店舗改装が奏功する中、年末商戦が力強い内容になることを示唆した。カリフォルニア州サンディエゴで2016年5月撮影(2019年 ロイター/MIKE BLAKE)

[20日 ロイター] - 米小売大手ターゲット<TGT.N>が20日、通期の利益見通しを引き上げた。即日配送サービスや店舗改装が奏功する中、年末商戦が力強い内容になることを示唆した。

これを受け、ターゲット株は序盤の取引で12%超急伸した。

合わせて発表した第3・四半期(11月2日まで)決算は、総売上高が約5%増の186億7000万ドル。一時項目を除く利益は1株当たり1.36ドルで、リフィニティブ予想の1.19ドルを上回った。

通期の調整後利益は1株当たり6.25─6.45ドルとし、従来の5.90─6.20ドルから引き上げた。

即日配送サービスの投資強化を背景に、オンラインを通じた販売は第3・四半期に31%増加。店舗の来客数は3.1%増えた。

既存店売上高は4.5%増で、予想の3.6%増を上回った。年末商戦の既存店売上高3─4%増を想定し、予想と一致した。

米ウォルマート<WMT.N>も先週、好調な第3・四半期決算を発表し、好調な年末商戦期を予想して通期の利益見通しを引き上げた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT