「好きすぎる夫」に暴力振るう29歳妻が選んだ道

土下座した夫の頭を蹴る、家から閉め出す…

DVに悩んでいるという彼女が、「誰にもずっと言えなかった」と切り出した話は…(写真:Graphs/PIXTA)

今から10年ほど前、「DVに悩んでいる」という1人の女性が訪ねてきました。

私はその一言で、「夫からのDV被害者」だと思い込み、話を聞かせてもらうために席に促しながら、シェルターや保護団体のリストをプリントアウトする準備を進めました。

相談者は当時29歳の里美さん(仮名)。

きれいにお化粧をしていてもまぶたが浅くくぼみ、目の下にクマがはっきり浮き出ていたのを今でも覚えています。

DV被害者だと思ったら「加害者」だった

「親にも誰にもずっと言えずにきたんです。でもやっぱり変だなと思って、気がおかしくなるのではないかと自分自身が不安になってきました。最近では夜も寝れず、ほとんど睡眠がとれていない状態なんです。食欲もなくてずっと不安とイライラが交互に現れる感じで……」

軽度のうつ状態だということはすぐにわかりました。

里美さんは続けます。

「夫のことをすごく愛しているんです。むしろ好きすぎて、ずっと一緒にいたくて、子どもが生まれる前はよく夫の仕事も手伝いにお店に出てました」

ご主人は自宅近くでレストランを数店舗経営されているやり手です。

「夫はお店に出ているので、いつも帰りが深夜の3時頃になるんです。営業時間を考えると仕方のないことだとは思うのですが、その後にスタッフと飲みにいったり、ミーティングしたりで朝になることも時々あって……。仕方がないと頭ではわかっていても、夫の帰りが3時を超えて少しでも遅くなると許せないんです。

“遅くなるから寝てて”と言われても、ほかに女がいるんじゃないかとか、このまま帰ってこなかったらどうしようとかいろいろ妄想してしまって。しかも、深夜にいつも帰ってくるから夫は昼過ぎまで寝ていて育児はすべて私。年子で女の子が2人いるので手いっぱいになると子どもにきつく当たってしまって娘2人はいつも泣いている状況なんです。子どもが泣く姿を見るたびに自己嫌悪になってものすごく落ち込んで今度は食事がのどを通らなくなるんです」

次ページどのような暴言や暴力行為があるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。