日産「キューブ」が誕生20年で生産を終える事情

大ヒット車種が行方を見失った背景とは

日産は、1999年のカルロス・ゴーン氏のCOO就任後、経営再建「日産リバイバルプラン(NRP)」を発表。「日産180」「日産バリューアップ」と中期計画を推し進め、2008年の「日産G(グレイト)C(チャレンジ)2012」の遂行中に起きたリーマンショックを乗り越えると、2011年に次の中期計画である「日産パワー88」で、大幅な事業拡大に乗り出す。そこでは成熟市場より、新興国市場への増強を行うことが盛り込まれていた。

3代目キューブの車内(写真:日産自動車)

この日産パワー88と前後して、EVのリーフが発売され、ゼロエミッションのリーダーとなることも宣言した。しかしながら、リーフの販売は日産が想定したより低かったのだろう。外部から見れば十分に善戦していたと考えられるが、思ったほど販売が伸びない状況が、キューブを含めた国内の新車開発に歯止めをかけたといえる。

一方で、2011年には拡大する軽自動車市場へ向けて、三菱自動車との合弁会社であるNMKVを設立し、日産自らが初めて開発に関わる軽自動車の誕生へ力を注ぐ。国内市場における「選択と集中」が行われたようだ。

キューブe-POWERが生まれていたら…

「もし」が許されるなら、キューブのEVが2012~2013年ごろに生まれていれば、人気を得たのではないだろうか。しかしそのころ、一充電での走行距離を延ばすことに日産は必死であった。電動部分が日々進化する中、他の車種へEVを展開する時期を失ったのかもしれない。

日産のバン「eNV200」(写真:日産自動車)

2014年には、バンのeNV200が発売されるが、リーフに近いキューブより、ミニバンとして使える車種が選択された。そうした流れの中で、キューブの行方は次第に失われていったと考えられる。

モーター駆動ハイブリッドのe-POWERが、ノートでもセレナでも人気を博し、運転支援のプロパイロットも搭載車種を広げる中、キューブのような5ナンバーのハイトワゴンが電動化され、自動運転技術を加えて現れたら、飛びつく人はいたはずだ。

一時、途絶えたとしても、新しいキューブがEVやe-POWERをまとい、家屋への給電システム「V2H」も備えた災害に強い姿で再登場したら、時代はそれを歓迎するのではないだろうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。