新「MacBook Pro」が超高価でも支持されるワケ

クリエイターの意見を徹底的に重視して刷新

アップルは2019年6月に、クリエイティブ・プロの制作現場にふさわしいデスクトップコンピューターとこれに組み合わせるディスプレーとして、Mac ProとPro Display XDRを発表した。アップルによると2019年12月に出荷し始めるこれらの製品のテーマは、「世界で最高の制作環境は何か?」という問いに答えることだった。

アップルでMacBook Pro担当プロダクトマネージャを務めるシュルティ・ハルデア氏は、「世界で最も人気のある15インチMacBook Proを最高の製品へと変えていくため、ノートブックに対しても、デスクトップと同じ問いかけを行った」と開発を振り返る。その際、これまでの15インチモデルを選ぶプロに対して、なぜ選び、気に入って使っているのかを尋ねたという。その結果、MacBook Proが支持される6つの条件が浮かび上がった。

1.より大きなディスプレー
2.非常に速いパフォーマンスを誇り、高い負荷に耐えること
3.できるだけ大きなバッテリーを搭載すること
4.アイデアに集中できる最もいいキーボード
5.巨大なストレージを搭載できること
6.素晴らしいサウンドシステム

試作の過程でもクリエイターに対してテストを繰り返しながら熟成を進め、これらの条件を余さず答えることによって完成したのが、今回の16インチMacBook Proだった。ハルデア氏はクリエイティブの世界で「ゲームチェンジャーになる」と自信をにじませる。

不可能を許さない拡張性を実現

MacBook Proの上位モデルとして長らく存在してきた15インチモデルは、今回の刷新でラインナップから姿を消し、16インチモデルに移行することが明らかとなった。

ディスプレーサイズはこれまでより1インチ拡大し、3072×1920ピクセルに。最大輝度500ニト、P3高色域の表示に対応するディスプレーは、額縁を上部で25%、両サイドで34%縮小し、より没入感あるディスプレーへと完成させた。テクノロジーとしてはこれまでの高精細液晶ディスプレーであるRetinaディスプレーが引き続き採用されている。

画面拡大に伴い、ボディサイズは15インチモデルと比べて長辺8.7mm、短辺5.2mm、厚みも0.7mm増している。また重量は2.0kgと170g重くなった。これは後述するパワフルなプロセッサーとグラフィックスを搭載してなお、11時間のバッテリー駆動時間を確保するだけのスタミナを擁する。アメリカ連邦航空局(FAA)が定める航空機内持ち込みの最大バッテリー容量である100Whに拡大され、重量増加の要因となっている。充電器はサイズをそのままに、これまでの87Wから96Wへ強化された。

暗所で撮影した16インチMacBook Pro(左)と15インチMacBook Pro。画面サイズの拡大とベゼル縮小、新しいMagic Keyboardへの変更に伴うバックライトの最適化が確認できる(筆者撮影)
次ページメモリーは最大64GB、ストレージは最大8TB
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。