ファッションショーが”超高コスト”な理由

モデル代、舞台演出、IT・・・

メルセデス・ベンツがスポンサーとなっていて、都内で行われている東京ファッションウィーク(略して、東コレ)には、国産ブランドや若いデザイナーなどが多く参加しています。ちなみに、東コレにかかる費用もピンキリですが、大体、数百万~2千万円程度と言われてます。

さて、次の話題に移る前に、ファッションショー入門講座vol.2として、ショーの種類(2種類)をお伝えします。ひとつは、”オートクチュール”。もうひとつは、”プレタポルテ”。みなさんも、どこかで耳にしたことがあるかもしれません。実際は、それぞれに正確な定義があるのですが、ここでは細かいことは省略し、わかりやすく説明したいと思います。極端にいうと、”オートクチュール”とは、協会に加盟しているブランドによる、すべてハンドメイド(ミシンは一切使わない)のオーダー服です。一方、”プレタポルテ”は、大量生産の高級既製服(デパートやお店で手に入る一般的な高級ブランド服)のことです。もともと、ファッションショーの原点はオートクチュールでしたが、あまりに高価なため現在では一般的ではなくなり、今日ではファッションショーといえば、ほぼ”プレタポルテ”のショーをさします。

ITを使ったファッションショーの新たな試み

さて、今回、最後にお伝えするのは、IT×ファッションショーです。具体的には、ショーのメディア配信についてです。ご存じのとおり、ここ数年の動画の普及は目覚ましく、今ではほとんどのショーを動画で見ることができるようになりました。テレビや雑誌で特集されるのを待たなくても、どこにいてもファッションショーの映像を見ることが可能になりました。

とはいえ、スピード面で言うと、いちばん早いのは画像です。日本語のサイトでも「Fashion Press」などは、ショーの後すぐに配信されますので、ショーの直後から数時間後に新しいコレクション画像を確認することができます。

その画像よりはスピードが少し遅くなりますが、今、各ブランドが最も力を入れているのが、動画配信です。主に、自社のHPなどで紹介することが多く、早いブランドでは、ショーの翌日には動画をアップします。

そして、一部のハイブランドですでに行われているのですが、ショーの動画を見ながら、気になる商品をクリックすると、ディテールや商品情報(品番や値段など)を同時に確認でき、さらにオーダーすることも可能です。

つまり、ファッションショーの会場から遠く離れた自宅のパソコンで、配信されたばかりのショーを見て、新作をオーダーできる仕組みができつつあるのです。これは進化したITの恩恵を取り入れ、本来、ファッションショーが受注会を兼ねていた時代の仕組みを現代風にアレンジすることで、かつての姿を取り戻し始めたと言えます。そんなふうに、今、ITによって、消費者とブランドが直接つながる新たなファッションショーの形が生まれ始めています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT