ポーラ「リンクルショット」で苦境打破する事情

シワ予防が気になる30代がターゲットに

さらに、風評被害も受けた。中国現地のニュースメディアで「インナーロックに発がん性物質が含まれている」というニュースが流れたのだ。ポーラはこの報道を「フェイクニュース」と否定しているが、結果として、子会社・ポーラの2019年第3四半期(2019年1~9月期)のインバウンド売上高は前年同期比で24%減少にとどまった。

EC法の影響は化粧品各社でまちまちだ。コーセーの2019年4~9月のインバウンド売上高は、前年同期比20.3%減の114億円だったのに対し、資生堂の2019年1~9月期は前年同期比で5%増だった。資生堂の場合、インバウンド売上高に占める転売業者への売上高は2割にすぎず、影響が少なかった。

課題はラインナップの充実

ポーラは苦戦気味の業績を復調させるため、ジオセラムの販売に力を入れる構えだ。

2020年1月発売のジオセラム(左)と2017年発売のリンクルショット(右、記者撮影)

ただ、課題もある。ポーラで発売しているシワ改善化粧品はリンクルショット、ジオセラムともに美容液だ。一方でライバル会社は美容液以外に化粧水やジェルなど、さまざまなラインナップを取りそろえている。消費者は顔を保湿するために美容液のみならず、化粧水などさまざまな基礎化粧品を組み合わせて使っているが、ポーラはそうしたニーズを取りこぼしている。

ポーラの山口氏は「リンクルショットに含まれているニールワンは、化粧水への応用が難しい。ただ、アイテム数の拡大は意識しており、研究開発を進めている」と話す。

大ヒットとなった商品の第2弾、ジオセラムで「2匹目のドジョウ」をつかむことができるか。まずは30代の若者層にどこまで効能を訴求できるかがカギを握る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT